ROSE BEAR

きっかけをくれたベア

きっかけをくれたベア

私は昔から可愛い物やアンティーク物などが大好きで、雑貨店を見に よく東京まで来てました。
1988年秋 代官山の、ある雑貨屋さんでアンティークベアと出会いました。
ベアと目が合った瞬間、何か訴えているような感じがして すぐに連れて(買って)帰り、それから私はテディベアの虜になりました。
そして、そのベアが私にテディベアを作り始めるきっかけをくれたのです。

初めてテディベアを作った私は、地元・上越の雑貨屋さんに出向き、店頭に並べてもらえないかと、お願いしました。
(今考えると、なんて大胆な !!)
当然すんなりと話が進む訳が無く、何度も何度もお店に足を運び 何とか1週間の委託販売といった条件でお店で扱って頂ける様になりました。
(何回断られた事か)
また、私は以前から一番好きな花である真っ赤なバラをモチーフにしたアクセサリーをセラミック粘土で制作していたので、そのアクセサリーも店頭に並べてもらえる様になりました。
当初は1週間の約束でしたが、これがまたなかなか好評で (自信はあったけど!)結局6ヶ月間そこのお店で扱ってもらいました。

店内手前左側

店内左手前側の様子

委託販売をお願いしている間に、私の中である考えが浮かんできました。
…こんなに売れるなら、思い切って自分でお店を始めたら……だんだんとその想いが大きくなり、思い立ったが吉日…という訳ではないが、早速行動開始!
たいした資本金が在る訳でもないので銀行へGO!
店舗予定地を探し店内のイメージをふくらませ、床工事を業者に頼み、ショーケースを探し出し何人かの協力者と共に内装や看板全て手作り。
レイアウトを整えて…など一発奮起・七転八倒・四苦八苦・五臓六腑は関係ないけど大安吉日1989年9月15日敬老の日…。
日本一の積雪量を記録する新潟県上越市に、県内一を目標とした雑貨屋がOPENしました!
雑貨屋の名前は『ROSE BEAR
オリジナル商品であるバラのアクセサリーとテディベア この2つが名前の由来となっています。

店内右手前側の様子

店内右手前側の様子

赤い扉を開けると チリン・チリンとベルが鳴り、店内に入るとアーリーアメリカンとフレンチカントリーがミックスされたような空間。
開店当初はオリジナル作品を中心にすっきりとしたレイアウトでしたが、日を増す毎にかわいい雑貨達がにぎやかに所狭しと並ぶようになり、ポプリの香り漂うお店へとなっていきました。
開店から1年ほど経つと、以前アパレル業界でファッションコーディネーターをしていた時の友人達から古着などを仕入れたり、委託で洋服を販売するようになりました。
そう! そう言えば、私のオリジナルROSEアクセサリーをテディベア作りのきっかけをくれた代官山のSHOP「マチルド・イン・ザ・ギャレット」様「キャセリーニ」様に卸す事になり初めて私のオリジナル作品が東京に進出したのもこの頃の出来事です!!!!!
(初めてファッション雑誌に取り上げられたのもこのころで~す!)

販売していた洋服の一部

販売していた洋服の一部

自分が納得できる物を「ROSE BEAR」で扱いたいとの想いからアンティークベアや雑貨は主にアメリカ・ヨーロッパに出向き、直接見て確かめて仕入れていました。
多くのインテリア雑誌やTVなどで紹介して頂いたおかげで、全国からお客様が来られるようになり、それまで、仕入れから接客販売・作家活動と一人でこなしてきた私も、さすがに…。
従業員を雇いました… (自分自身の行動範囲も広がるしネ!)
この頃は、忙しい合間をぬって従業員や常連のお客様達とバーベキュー大会や旅行など様々なイベントを行って親睦を深めていました。

1993年、いくつかのコンテストで受賞したのを機に作家活動も多忙になってきました。
私の制作したBEARを取り扱ってくれるSHOPも増え、イベント出展などもあり度々上京するようなったのです。 (しんのすけが誕生した年でーす!)
そして1995年 お店を従業員に任せ、私は単身上京したのです。 (新潟県民魂 見せてやる!!!)
東京では作家活動がさらに忙しくなり、上越のSHOPには月に1・2回程しか戻れない状況が続きました。
翌1996年 アーティスト活動が波に乗ってきた事もあり、惜しまれつつも上越のSHOP『ROSE BEAR』は閉店しました。(そしてSHOP『ROSE BEAR』は伝説?となりました)

店内中央

店内中央
店内右側奥

店内右側奥
制作第1号

制作第1号

東京では創作活動に集中し、沢山のベア達を「ROSE BEAR(R)」ブランドとして世に送り出す事が出来ました。

板橋店入口

板橋店入口

新潟上越のお店を閉店してから3年後の1998年。
東京都板橋区にショップ『ROSE BEAR』が期間限定の復活!!
当初、3ヶ月間の予定でしたが結局2クールの半年間OPENしてました。
ここも好評でしたが、契約の関係上6ヶ月でCLOSE… (幻?のSHOPでした。)

板橋店 ショーウィンドウ

板橋店 ショーウィンドウ

ショップ名として始まった「ROSE BEAR」今は私のブランド名として沢山の人達に知っていただける様になりました。
一時期、海外向けに「TERUMI BEAR JAPAN」というブランド名を使用していましたが、数年前から『ROSE BEAR』に統一しています。
やっぱり、吉川照美=ローズベア!
また近い将来SHOP『ROSE BEAR (R)』がオープンする日がきっと来る!
その日に向かって日々頑張って行きます!!!!。