2003年11月1日、2日に開催された「テディベアフェア大阪」に9年振りに出展しました。

会場は大阪城公園内の城見ホール1F。
私達は前日の10月31日に新幹線で大阪入り!
出展が9年ぶりなら大阪に来るのも9年ぶり。
ちょっとおのぼりさん気分で搬入の為会場へと向かった。
会場に向かう途中気を付けていた事がある。それは、「エスカレーター」!
そう、東京では左に寄るのがマナー。しかし大阪では逆の右によるのが当たり前!
エスカレーターに乗る度に癖になっている左寄りにならないように意識した。

会場に到着すると早速ブースセッティング開始。
さすがに浜松町の様には出来ないが、私らしいブースが完成した。
会場を後にしてホテルへと向かう。会場からホテルまでは歩いて15分ぐらい。
大阪城公園を散歩感覚で歩いているとホテルに到着チェックイン!
 まてよ・・・晩御飯どうしよう?9年ぶりの大阪、どのお店が美味しいなど全く判らない。
と・言う訳で大阪で活躍している企業で、私も何かとお世話になっている
「CHOOKY.COM」の福原さんに連絡。
まだ、出展ブースの準備中だったので、セッティング終了後に
打ち合わせを兼ねてお食事する事に決定!!
とってもオシャレなお店に案内してもらった。福原さんありがとう。
「明日からの2日間お互いに頑張りましょう」とカンパーイ!!
                     

今回の出展者数は、企業ブース12・個人ブース36で特別出品として月の輪熊が展示。




メールや電話でしかお話した事の無いお客様と
初めてお会いする事が出来たり
普段あまり会う機会の無い友達と
久し振りに会えたりして、とても嬉しかったです。


初日の夕方からは、リンダ・マリンズさんのトークショーが行われる為、別会場へと向かった。

リンダさんと言えば当時カリフォルニアの山火事で
来日できるか心配されたが
御自宅のある地域は煙などの影響はあるが大丈夫という事で
無事に大阪入り。
私も山火事の事を気にしていただけに一安心。

トークショーは『テディベアの不思議なパワー』と題して
世界中で活躍するテディベアを紹介しながら話は進みました。

リンダさんの所有するコレクションから子供達が治療の際に
恐怖心が少しでも和らぐように制作されたベアや
手袋がついてテディベアが手話をしているように見えるベア。
アロマベアやパペット型、人体模型をテディベアで表現したものなど
医療現場やボランティアでそれぞれ活躍するテディベアを30体近く
持参され、会場に来ていた全ての方達に直接感じてもらいたいと
順番に各テーブルを廻ってきました。

日本でも(株)サンセイからWBFヒーリングベア試作第1号が完成し紹介されました。
このヒーリングベアは、光触媒繊維をパイルに織り込み、日光を当てると
細菌が分解される画期的な素材を使用したテディベアでコンベンション会場でも
展示されていました。

コンベンションが終了すると大阪の友達でテディベアアーティストの
「よっちゃん」(和田佳子さん)と共にミナミへ!!!

通称「ひっかけ橋」でハイポーズ!
 月の法善寺横町で有名な水かけ不動でお参りし
お好み焼き屋に串カツ屋、
甘栗ソフトクリーム食べながらUFOキャッチャーで阪神グッズをGET!
まさしく「喰いだおれ」!! お腹も大満足!

      
     

こうして9年ぶりの大阪はアッという間に時間が経ち、東京へと戻ってきました。

東京に帰ってくると、エスカレーターで一瞬考えてしまう・・・自宅につく頃にはなおってました。


New or Back
Number